2018年1月23日

不労所得

不労所得の運用をしたいけど、何がオススメ?


近年とても流行っている不労所得ですが、一体なにがオススメなのでしょうか?
運用してみたいけど、何から始めていいのかわからない!という方にはオススメです。
今回はおすすめの不労所得の運用法についてお話していきましょう。

◆不労所得ってどんなものがあるの?
まずは不労所得について簡単にご説明しましょう。
不労所得は、通常通り働いていなくても、ある程度のお金が入ってくる収入の事を言います。
とはいっても、その内容も千差万別です。
確かに通常業務の仕事と比べて1日8時間働く!なんて事はそうそうありません。
基本は隙間時間を使う事で通常勤務と同じくらい稼ぐ、もしくはそれ以上稼ぐことのできる所得の事を言います。
中には不労所得の方が、年収が高くなり逆転してしまったことで、不労所得で得ていた方が本業になる方もいますね。
ちなみに不労所得は株式、FX、投資信託、不動産投資、アフィリエイト、ユーチューブ、本やCDを販売して得られる印税など様々なものがありますね。
ではこの中でおすすめの不労所得は何があるのでしょうか?

◆不労所得おすすめの運用法は?
上記の中で特におすすめなのは、不動産投資です。
不動産投資は一見資金調達に難しく、運用を始めるにあたり初期費用が高いと思われがちです。
確かに、アパートなどを一棟買おうと思えば数千万円はしますね。
しかし、不動産投資には他の不労所得とは違う運用法があります。
それはローンが組めるという事です。
その人の年収や立場にもよるので、全ての人が受けられるというわけではありませんが、
現金や預貯金が少なくても、運用を始める事が出来るのです。
この他にも、逆にローンを借りる事なく運用も始められます。
最低の手持ち金は300万~500万円を用意するようにしましょう。
この金額が用意できれば、簡単に分譲マンションを1部屋購入する事が出来ます。
最初はこのように小さな物件から徐々に物件数を増やしつつ、軌道に乗ってくれば大きな物件を購入して運用するのもいいでしょうし、その逆も然りですね。
このように手持ちの金額の有る無しに関わらず、始めやすいのはこの不動産投資の運用とも言われています。
始めるのであれば、この不労所得はかなりおすすめですね。

◆最後に
今回は人気の高い不動産投資をご説明しましたが、この他にも上記のようにいろんな投資法や運用法があります。
また人それぞれによって合う・合わないもありますので、自分で今一度しっかり調べた上で運用していくかどうか決めるのもいいのではないでしょうか。