2018年2月9日

不労所得

【不動産】投資を始めるのにベストなタイミングはあるの?


不動産投資を始めようとは思うものの、なかなか重い腰が上がらない方も多いのではないでしょうか?
始めようと思っていてもなかなかタイミングがつかめない方もいるでしょう。
今回は不動産投資を始める上でベストなタイミングはいつなのか、お話していきましょう。

◆いつが始め時なのか?
今までの不動産投資と言えば、お金持ちがするイメージ、お金に余裕のある高年齢層が定年後に大家さんなどをしながら日々暮らしていくというイメージが強かったと思います。
しかし、近年ではそんな事はなく、主婦やサラリーマンなどが本業の片手間に副業として始められる方が多くなってきました。
そんな中でいつが始め時なのか?と聞かれれば、それは当然若くてバリバリ本業で働いている時がいいとオススメします。
不動産投資で、その中でも賃貸経営ともなってきますと投資を始めるスタートが早ければ早いほど収入をより多く得られるようになっています。
例えばモノを販売する時は売れなければ利益になりませんし、どれだけ売れるかは実際に販売してみないと分からないものです。
しかし、賃貸経営ともなると購入した次の月から入居者が支払ってくれる家賃が収入として入ってきてくれる事が約束されています。
そのお家賃を元に更に別の物件を購入していけば資産形成のアップもできるようになります。
また購入する際の年齢が若い方がローンは長く組めるというメリットもあります。
ちなみに住宅ローンやこういった融資は早めに返してしまいたいというお気持ちは非常に分かりますが、短く早く返すやり方はおあまりオススメできません。
それはなぜかというと仮に何かあって所得が減った場合に返済が厳しくなり赤字になり、最悪物件を売却しなければいけないという事態になりかねないからです。
これらを考慮すると少しでも若いうちから購入しておくのがベストなのかもしれませんね。

◆不動産市場は参考にしない方が良い?
よくあるのが日本の情勢や不動産市場は敏感になっておこう!というものです。
確かに間違いではありません。
例えばオリンピックなどが開催されればその周辺の物件は値上がりするでしょう。
そしてオリンピックが終わる事でまた値は下がっていく事でしょう。
ですが、このような市場にばかり囚われてしまうと逆に良い物件を見落としてしまう事も十分に考えられます。
そうなるとそれこそ本末転倒です。
良い不動産は市場に関わらずある日突然出てくるものです。
周囲の状況にはとらわれずに柔軟な考えが必要ですね。
とにかく不動産投資はなるべく若いうちから始めるのが良いタイミングと言えるでしょう。