2017年8月3日

不労所得

働かなくてもいいって本当?不労所得の仕組みとは?


不労所得って働かなくてもお金が入ってくるのでしょう?とよく言われます。ですがそれは8割間違いです。
正直に言えば2割くらいは働かなければいけません。
ただしこれはどんな不労所得を得ていくかでその働き方も変わってきます。

◆不労所得とは
不労所得とは、働かなくても収入を得ることが出来ます!という問いの答えは先ほどもお話しましたね。
全く働かなくていいというわけではありません。
ですがある程度不労所得の基盤さえ作ってしまえば勝手に収入が入ってくるというのは正しい解答と言えるでしょう。
それが不労所得の醍醐味とも言えますね。
この不労所得何をするにもとにかく高額な資金が必要と思われている方が多いです。
ですがそれも5割くらい正解で5割間違いです。
今や少し気合いを入れれば少額の資金さえあればサラリーマンでさえ始める事が可能なのです。
この不労所得を若いうちから始めておくことで老後の生活資金にしようと考えている人も多いです。
不労所得に興味を持った時点でまずは始める努力からしていきましょう。

◆不労所得の仕組みとは?
今やネット社会。不労所得はインターネットがさえある程度使えれば誰でもできる時代へと流れは変化しています。
この勝手にお金が入ってくるシステムを構築するのはとても簡単な事なのです。
少しだけパソコンが触れてネットサーフィンが出来れば誰でも不労所得を得る事が出来るようになります。
今回は不動産投資を一例に話をしていきます。

◆不動産投資で不労所得を得る仕組みとは?
細かい内容は割愛しますが、今から記載する手順でいけばすぐに毎月3万円の不労所得を得られるようになりますので参考にしてみてください。
①300~500万円の所金調達
②資金を元に戸建もしくは3DK以上のファミリー物件の区分マンションを購入
③入居者を見つける→退去したらまた入居者を見つける
④ある程度資金がまた貯まれば2件目購入
⑤不動産投資に慣れてくれば今度は夢の1棟買い!ファミリー物件タイプの10部屋ほどある物件が望ましい。
⑥上記を繰り返す
どうでしょうか?不動産投資の仕組みってすごく簡単でしょう?
物件を買って随時空室を作らないように入居者を早めに探して入れていく事でその家賃が不労所得として入ってくるのです。
しかも、住宅ローンを組みさえしますが、そのローンを支払ってくれるのは入居者のお家賃からです。
自分はローンを組むだけで空室さえ防ぐことが出来れば安定した不労所得を得る事が出来ます。
こんなに簡単な仕組みは他にはありません。
ですから不労所得を始める場合は、株やFXよりも不動産投資から始めてみるべきでしょう。
この仕組みは必ず理解しておきましょう!