2017年9月28日

不労所得

これからの時代は不労所得が必要! 投資を始めよう!


最近では老後を不安視する若者が増えてきました。
確かにそれは間違ってはいません。
少子高齢化が進んでいく中で年金受給問題も更に加速する可能性もあります。
そうなると、今の若い世代が老後になった際に果たして年金は残されているのでしょうか?
今後を上手く生き抜いていく為にも、不労所得は非常に重要なのです。
では、この不労所得を得ていく為にはどんな投資が向いているのでしょうか?

◆投資と言えばこれ!
まず投資と言っても、株やFXなどいろんな種類があります。
しかし、どれもイマイチ安定感がなく非常にリスクが高いものばかりです。
しかし、そんな投資の中でも唯一のミドルリスクミドルリターンな商品があります。
それが不動産投資です。
この不動産投資は意外と敬遠されがちですが、詳しく内容を確認すれば案外始める人は多いように思えます。
では不動産投資の始め方から見ていきましょう。

◆不動産投資を始めるには
まずは資金のお話からすると正直なところ、300万円の資金があれば始める事は可能です。
これを最初に聞くと驚く方も多いですがこれは事実なのです。
それで利益を出すことが可能なのか?と言われれば、確かに大きな利益は出ません。
ですが初心者が手軽に始められて尚且つ安定した利益を今後得て行こうと思えばこの不動産投資は最高にいい方法なのです。
ですからまずは300万円を準備しましょう。
そして次にすることはその資金を元手に物件を購入することです。
ではその購入する物件はどのようなものを購入すればいいのでしょうか?

◆投資する物件の目安は
購入する物件の目安ですが、まずは300万円で購入できるファミリータイプの中古マンションを探しましょう。
これは必須です。
不動産投資とは売って稼ぐか家賃収入で利益を得るかですが、資金がない最初は間違いなく家賃収入で利益を出していかなければいけません。
そしてその利益を少しでも長く安定して供給されるには引っ越しが少ないファミリー層が住める物件がいいのです。
一人暮らしにもなると、正直、転勤や転職、学生であれば卒業と最長でも3~4年しかいない事になります。
入居者が退去してしまえばその都度部屋の中身を修繕・改装しなければいけません。
ですが、そうなってしまうとお金はどんどん出ていくばかりで一向に利益は出ないでしょう。
少しでも長くその部屋を借りてもらえる事こそが一番の利益に繋がるのです。
不労所得を不動産投資で得ようとお考えの方はまずは300万円でファミリー向けの物件から購入していくように行動していきましょう。