2017年9月28日

不労所得

不労所得はこれから重要です!家賃収入を得て暮らそう!


今、不労所得で人気があるのは不動産投資です。
ゼロ金利政策の影響もあってかここ数年不動産を購入する人が増えてきているのも確かです。
では家賃収入を不労所得として得て暮らしていくにはまずはどのような事をしていけばいいのでしょうか?

◆物件を購入する
まず重要なのは最初の一件目です。
この一件目は非常に重要でここで購入を失敗してしまうとさすがにそのミスを取り戻すのにかなりの時間を費やしてしまいます。
ですから最初の一件目は非常に重要かつ慎重に進めなければいけません。
そこで最初にどんな物件を選ぶかですが、下記に記載しますので確認してみてください。

①中古物件でファミリー向け
新築の購入は荷が重すぎますね。

②予算は300~500万円以内
最初は小さな物件でしっかり勉強しましょう。

③築30年未満が望ましい
古すぎると修繕費用が掛かりすぎます。

④満室ではなく8割から9割の空室が望ましい
これは重要で満室だと現在の部屋の内容が全く分かりません。
どれだけ古くなっているのか自分の目でしっかり確認しておきましょう。

⑤大規模修繕を終えているか
安く購入したはいいものの、購入後すぐに数百万円を投入し大規模修繕をしないといけない!なんて例も非常に多いです。
この事は必ず注意しておきましょう。

⑥今までの修繕票があればその確認
今までどんな修繕をしてきたのか確実に確認したいところです。
もしかしたら手抜きでほとんど修繕をしていないかもしれません。
特に木造系はシロアリが天敵です。
いつの間にか下地はすっからかんなんて事もありますね。

⑦自殺や他殺はないか
これも重要です。
予め知っておけば今後の対策にもなります。
確実に把握しておきたい事実の1つでしょう。

⑧利便性
やはり入居者に少しでも長く住んでもらうには利便性はもっとも重要視されます。
以上が確実に確認しておいた方がいい事です。
最初の1件目は上記の条件を念入りに確認しておきましょう。

◆家賃収入はどんどん増やそう
不労所得を得る目的は大半が老後への不安があります。
特に金銭面での不安はかなり大きいでしょう。
しかし、かといって何でもかんでも不動産を購入して資産を増やしていこうと言う訳にもいかないのです。
2件目、3件目としっかり考えて物件を購入していきましょう。
そして物件を増やし、家賃収入を増やしていくのです。
家賃収入も最初は小さいものでもそれはどんどん大きな収入源となっていきます。
またミドルリスクミドルリターンと言われているようにかなり安定した収入でもあります。
文頭でもお伝えしましたが、今や金利が低いので融資を受けるにも良い状況です。
まず1件購入してみましょう!
不動産投資の家賃収入は家庭に安心感と安定性をもたらしてくれますよ。