2017年10月19日

不労所得

どんな種類があるの?不労所得が欲しい!


今や主婦やフリーターでも不労所得を得ている時代です。
是非やってみたい!と思う方は多いでしょう。
不労所得と言っても種類はたくさんあります。
それにそのやり方もいろいろです。
今回は不労所得の種類についてお話していきましょう。

◆不労所得とは?
まず不労所得とはなんでしょうか?
字を読む限り働かなくてもお金が入ってくる的なイメージですが、どうでしょうか?
実際は30%程しかあっていません。
不労所得は確かに一般的に働く人よりは明らかに働く時間は少ないです。
もしくは同じくらい働いていても同じ時間働いた人の数倍もの収入を得ている人が大半です。
そのくらい稼ぐこともできるのが不労所得です。
しかし、そのくらい稼げるのも不労所得を得ている人全てがそうなのか?と言われるとそんな事はありません。
当然、現在やっている人の実に2割程度の人が所謂勝ち組と言われる分類なるでしょう。
しかし、それでも毎月10万円でも稼ぐことが出来れば今の生活は劇的に変わります。
買えないものが買えるようになり、月に一回の外食が週一回にできるかもしれません。
このように大成せずとも不労所得は始めるべきなのです。

◆どんな種類があるのか?
それでは不労所得の種類をゆっくり見て行きましょう。

①株・FX
不労所得と言われれば株やFXを思い浮かべる方も多いでしょう。
株は数万円単位からですがFXに関しては数千円単位から気軽に始める事が出来ます。
しかし両方とも手軽に始められるものの、気を抜く事が出来ません。
場合によっては日本情勢だけでなく世界情勢も見ながら対応していかなければいけないからです。
非常にシビアではあるものの、上手くいけば一攫千金も夢ではありません。
要はハイリスクハイリターンと言う事です。

②不動産投資
次は不動産投資です。
不動産を購入し、売って購入分との差額で利益を出すのか、賃貸にして家賃収入でプラスにするのかという二択で選ぶ事が出来ます。
株などと違い動きがゆっくりなのでその分しっかりと考えて行動することが出来る為失敗しにくいです。
不動産投資はミドルリスクミドルリターンと言われています。
初心者にはオススメかもしれません。

③アフィリエイト収入
次は一度、耳にしたことのある人もいるであろうアフィリエイト収入です。
これは広告収入とも言われており、ブログや今流行りのユーチューバ―などによりインターネット上で動画配信やブログ、ホームページを立ち上げる事で広告を挿入し、その広告を来訪者がクリックしてくれることで1クリック0.1円など、0.05円などでその業者が買取ってくれるというものです。
これで数十万円を稼ごうと思うのであればそのブログやユーチューブでもテレビに出演できるレベルでないと難しいでしょうが、上手くいけば数千円から数万円の収入になる事もあります。
これらはデメリットはほとんどないものの、利益がいっぱい得られるという事もないのでどちらかというと小銭稼ぎくらいで考えていた方がいいかもしれませんね。
この様に不労所得が欲しい方はいろんな種類の所得源がありますので是非自分に合いそうなものを探して始めてみてはいかがでしょうか。