2017年10月23日

不労所得

本当に不労所得は簡単に手に入れる事が出来るのか?


不労所得といえば楽にお金が手に入ると思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、皆さんが思っているほどそこまで簡単な事ではありません。
ではどのようにして不労所得を得る事が出来るのでしょうか?
いくつかの不労所得の内容を確認しつつ、不労収入の取得方法を確認してみましょう。

◆アフィリエイト収入
まずは皆さん聞き覚えのある言葉のアフィリエイト収入から見て行きましょう。
このアフィリエイト収入は所謂、広告収入といわれるもので、ブログやユーチューブ、ホームページなどに記事や動画を投稿し、その際に企業の広告を設置することでの収入を得る事を言います。
一般的にはワンクリック0.5円などの決まりが各企業にあり、その計算方法により毎月に収入額が決まってきます。
ものすごく人気のあるブロガーやユーチューバ―であれば毎月数十万円から数百万円稼いでいるとも言われていますがその割合は1000人に1人程度と言われています。
1億人ブロガーが居ても、その内の10名ほどがそれだけで生きていける程の収入を得ているというのが現実です。
ちなみに、一般の人は月数百円から数万円程度が無難なところと言えますね。

◆株
次は株です。
一応数万円程度の資金から始めることは可能です。
しかし、数万円程度の株では売却したところで数百円から数千円が関の山でしょう。
大きく利益を得るにはもっと大きな金額で株を買わなければいけません。
そしてあとはその購入した株式が上場できるかできないかの運試し的な部分もあります。
時には大きなリスクを回避するために小さな損を出すこともあります。
そのように繰り返していき、いずれ大きな利益を生んでいくのです。
ですから株は常に株の事を頭の中で思い描けている人ではないといけないので、簡単な様に見えて意外と難しいですね。

◆不動産投資
簡単で始めやすいのはアフィリエイト収入ではあるものの、一番、安定性があるのはこの不動産投資です。
この投資は何と言ってもシンプルです。
入居者が入り続ける限り赤字になる事はほとんどありません。
とにかく他の投資と比べても安定感がとてつもなく良いのです。
しかも結構大きなまとまったお金も入ってきます。
例えるなら10部屋アパートを購入したとして1部屋10万円で貸し出せば毎月100万円の収入になります。
そこから建物のローン代や修繕費などの積立金を指し引いて3割ほどしか残りませんがそれでも30万円は利益として残せるようになります。
結局この数字はその物件によって異なるのでだいぶ誤差はあるものの、考え方としてはこのような感じになります。
ですから物件をいかに綺麗に魅力ある物件にお金を掛けずに仕上げて、入居者を常に入れる事だけを考えておけば何の問題もなく不動産投資を続けることが出来るのです。
このように、不労所得はその種類によっても難しいも、簡単なものがあります。
また収入の得方が大きく変動していきます。
自分に合う投資法を見つけて行きましょう!